ブログトップ

一水空

linyang.exblog.jp

気功一水空 主宰 リンヤンのつぶやき

カテゴリ:八卦掌( 5 )





いまから20年前の映像です。この大会のこと、師父から何度も聞かされたけど、まさかこれだけ充実な記録が残ってるとは、意外です。
冒頭のナレーションは、懐かしく師父の声。 知らなかった。師父から触れたことがありません。
最後の製作者リストを見ると、撮影も「王尚智」師父。
出しゃばらない師父の性格、イベントのとき、大抵裏の仕事をしてるそうです。

はじめの主賓席を写る一幕には、王敷師爺のお姿がありました。
かなり長時間参加者表演のなか、9割り以上は程派です。もう終わるかとおもうと、最後の演舞は王尚智師父!
尹派の代表として。

20年前に師父の姿、お若い!あの時の動きはいまとほとんど変わってません。
私が手取り足取り教わった換掌、目の前に師父が見せています。何か感動・・・
これからも、この動きが変わらず伝えっていけるのか、私たちの使命ですね。
[PR]
by lin-yang | 2013-12-01 03:11 | 八卦掌
師父の家で、こんな写真が出てきた。
最初、「この子、だれ?」と思った。よ~くみたら、わたし!
e0055320_0551861.jpg

習い始めたごろの写真。年月が経ったのは感じるぅ~ 八年前?

あのごろ、もっと写真を撮れば良かった・・・
ちなみに、今回稽古中の写真
e0055320_0494472.jpg

[PR]
by lin-yang | 2013-03-16 00:57 | 八卦掌
今回北京での八卦掌稽古、新しく習ったのと、以前習ったものの確認、腿法が面白かった。
尹派の腿法は多いとは聞いていましたが、練習が重ねていくと、だんだん楽しくなってきました。
e0055320_031232.jpg


基本練習は、技撃だけではなく、養生にもとても役に立つとおもいます。
いま足を使う機会がどんどん少なくなった現代人は、絶対必要。
脚だけではなく、結局全身を柔軟に、強靭に使わないと、その力がでません。
「腰から発力」というのは、よくわかりますね。

ごめん、写真が・・・
[PR]
by lin-yang | 2013-03-16 00:36 | 八卦掌
昨日、ネットで「老子」に関わる中国語の講演を聞きました。
なかでは、「自然」に対して、面白い話がありました。

老子の言葉「自然無為」なかの「自然」は、どんな意味でしょう。

自然は自然界、自然環境ではなく、「自」→「我」。「然」→「如此」。つまり「自然而然」。
(日本語だと「われのまま」、「ありのまま」?)

中国古代では、「自然界」のをあらわすとき、「天」、「地」、「万物」などの言い方を使います。
現代では、「自然」は英語の「nuture」と訳されますが、しかし、意味合いはだいぶ違います。
中国本来の「自然」は何かをものを指すではなく、抽象的な表現です。
[PR]
by lin-yang | 2010-08-13 08:25 | 八卦掌
先月のこと。
風邪気味で家で何もする気がなくて、珍しくテレビをつけてみた。
偶然に、「world」というチャンネルで日本の拉致被害者家族横田さんのドキュメンタリーがやっている。
最後まで見ました。よく出来た映像作品です。
横田さんご夫婦の会話や、ご自宅でのシーン、懐かしくて、本当にフツウの日本人像ですね・・
何処でも居そうなやさし~い日本のお父さん、お母さん。

そういえば私も両親と離れて十数年です。
最初日本にいったとき、もちろんホームシック強かったが、もうその時期を経過しました。
いまは自分も家族ができ、夫と子供と一緒の居場所は自分の家です。
北京の両親も開き直って、いまは自分たちの第二人生を楽しんでます。
昨日から、母の誕生日お祝いとして、父と二人で「新馬泰」(シンガポール、マレーシア、タイ)の旅行に出かけた。

ユタで、逞しく「ここでやっていこう」とする日本人友達と多く出会いました。
でもやはり、会話のなかで、日本にいるご家族のことを自然に話題に出ます。
これは普通よね。こんな地球の裏側に行っても、血縁のつながりは切れることはありません。

横田さんご夫婦も、本来なら、めぐみさんを含めた子供と孫たちと、「天倫之楽」をするべきですね。
(ふさわしい日本語を見つからなくて、「天倫之楽」は「本来あるべき楽しみ」の意味)
そのとき、涙を流しながら、テレビに映ったお二人のやさしい姿をカメラに収めました。

e0055320_4414210.jpg

アメリカで、世界でこのドキュメンタリーをみた人々は、より多くの声援を横田さんに送るように、
一刻も早く肉親と再会できるように、祈りを捧げます・・・
[PR]
by lin-yang | 2009-04-11 04:42 | 八卦掌