ブログトップ

一水空

linyang.exblog.jp

気功一水空 主宰 リンヤンのつぶやき

カテゴリ:料理( 15 )

二年前の料理写真。

夏なので、さっぱりしたものを食べたくて、アジアンスーパーで糸瓜(へちま)を買いました。
北京のとき、これは大好物だった。

食材は、体内の熱を取り除くもの殆どです。
へちまは皮を剥いて、ひし形に切る。豆腐、オクラ、百合根、アサリ(冷凍もの)、玉ねぎ。
e0055320_1392441.jpg


サッと炒めて、二分で出来上がり。味付けは塩とごま油。
e0055320_14028.jpg

いつも通り、夫は全く食べません。野菜炒めは嫌いなので。
私は一人占めした。070.gif
[PR]
by lin-yang | 2012-05-15 01:42 | 料理
最近パン作りにはまってます。
ここのスーパーで菓子パンを売ってなくて、アジアンのお店で買うか、自分で作るかですね。
チョコねじりパン。
e0055320_107865.jpg

コーンマヨネーズのロールパン。
e0055320_1073558.jpg

[PR]
by lin-yang | 2012-03-01 10:26 | 料理
サバ水餃子の作り方

材料
サバ一匹(大中で購入した冷凍もの) 豚ひき肉(できれば脂身が多いほうがいい)150~200g、ニラ10本から20本(超アバウト!)

調味料
生姜、花椒粉(アジアンショップなら絶対見つかる。マーボー豆腐作るためにも必需)、酒、塩。サラダ油、ごま油、コショウ。

作り方
1 解凍したサバの肉を骨から落とす。この写真を参考 http://www.108sp.com/CB/Show.aspx?ID=643

2 1のサバを酒(大さじ1)と塩(小さじ1弱)で下味つけ(30分くらい)。 豚挽きはべつのボールで同様に味付け。

3 サバと豚挽き肉と一緒に混ぜる。
生姜汁か、生姜のみじん切りもよい(大さじ1)、水(約1カップ)と一緒に混ぜる。
 魚の身をやわらかくするためと臭みをとるために生姜を。うちは、花椒粉も加えた。
 * 水を一気に入れるではなく、少しずつ。 *かき混ぜるとき、菜ばしで同じ方向に混ぜる。

4 サラダ油(たぶん大さじ1とごま油(小さじ1)もいれて、餡を滑らかにする。

5 包む前に、みじん切りのニラを入れて混ぜる。

* 何パタンのやり方があるみたい。上記はうちの方法。
[PR]
by lin-yang | 2011-08-08 13:30 | 料理
 夏はもう終わりに近づいてきます。
 うちは、この夏に「山楂(サンザシ)」のドリンクをよく作って飲みました。
e0055320_754097.jpg


 写真のは、乾燥したものです。それをティーパックにつめて、やかんに入れて、煎じるだけ。
 酸味があって、そのまま飲んでもいいし、蜂蜜を加えたり、ほかのお茶とブレンドしたりしてもいいと思う。
 効能その一:夏バテ解消!

 サンザシは中国のではよく知られるある果物(?)です。梅干の味に似てて、酸っぱい。
 効能その二、三:
 ・血圧を下げ、高脂血症を改善する効能もある。
 ・消化を助ける働きもあり、特に肉食後の消化不良、腹張、腹痛、働きがある。
 ・体内の雑菌を強く抑制し大腸炎や下痢等を予防治療するすることも出来る。
さらに、
 ・美容においては中性脂肪を下げる作用と整腸作用により便秘や肥満を防ぐことが出来る。
 ・血行不良、痛み、生理不順を解消する働きもある。

 何だか万能薬のようですが、
 詳しく こちらへ 

 サンザシを水飴に付けて、串にさして、街角で売ってる「糖葫芦」というスウィーツは、北京の冬風物ですよ。

 ユタだと、「大中」に売ってます。 
 
[PR]
by lin-yang | 2010-08-22 07:35 | 料理
いつも買い物行く「大中」で、冷凍秋刀魚を見つけた!

さっそくその日の夕飯は焼き秋刀魚ですぅ~(オーブンで焼く)

e0055320_10593314.jpg

ユタに来てから、さんまとは縁遠い。
冷凍でも、さんまを食べれるのは、初めてかな。
さかなに箸をつく前に、ユタでの一番親しい友達に電話し、「さんま買ったよ」自慢したくらいうれしかった。
しかし、期待するほどではなかった。というか、日本で食べたさんまの味と全然違う。
脂のってないせいか、身がかたい。パサパサって感じ。

残りは数日後、さんま大根にした。
e0055320_11125100.jpg

圧力鍋で、「骨まで食べれる」のレシピだが、やはりこれも身がしまりすぎて、いまいち。

まあ、こんなもんでしょう。
[PR]
by lin-yang | 2010-08-08 11:08 | 料理
中国の友達が出産後、「スープを飲みたい」とのリクエストを受けたので、我流のものを作ってもって行きました。

中国人は、スープに強いこだわりがあります。
特に出産後、母乳を出すために、色んな工夫凝らしたスープを産婦に飲ませます。

ユタに来て、意外なところで、中国の知恵を改めて勉強になりました。
その一: ユタで私の一番仲良し友達(日本人)、ハズバンドはABC(アメリカ生まれのチャイニーズ)もちろん義理ご両親は中国系の方。友達の出産に当たって、義理両親は手伝いにいらして、毎日いろんなスープを作ってます。
中国だと、出産後や大病、手術のあと、鳥スープはよくします。けれど、ここのご両親は、ベジタリアン。

肉の代わり、何?と思ったら、

More
[PR]
by lin-yang | 2010-08-03 06:37 | 料理
暑いね!
むしゃむしゃ野菜を食べたい。

こんなのを作った
e0055320_0453875.jpg


レタスとオクラのパッと炒め。オイスターソースで味付け。
レタスは手でちぎる。
出来上がりに香菜もパラパラ入れてみた。案外美味しい。

オクラは私が大好きな夏野菜。基本的ねばり系は大好き。
山芋、モロヘイヤ、納豆。あとはなんだろう?
[PR]
by lin-yang | 2010-07-22 00:48 | 料理
二週間前、うちに来ている日本の婆ちゃんは、公園で黄色花粉を浴びてしまったせいか、帰宅して即、鼻水が出るや、目がかゆいや、凄かった。日本で花粉症になったことがないのに。

こんな「お土産」を日本に持ち帰ったら困るので、何か私にできることないかと脳みそを振り絞る。
まず第一弾:杏仁の汁粉(「杏仁霜」というパウダーで作る)を作りました。杏仁は気管支系統につよいので。
第二弾:その日の夕食に、わかめを大量食べるようにお勧めしました。(生姜と三杯酢で合えるもの。)わかめは粘膜を強くする効能がある。
第三弾:翌日も鼻水が止まらなく、ランチはにんにくと生姜、酢、香菜たっぷりのパスタを作った食べさせました。にんにくは殺菌効果、香菜の強い香りでアレルギー対抗を期待。
第四弾:その日の夕食は、中華レストランで辛い料理を普段より多めに取りました。

このように、色々やってみたら、三日目になると、すーっと鼻水がなくなって、目がかゆいのも一緒にうそのように消えましたよ。
婆ちゃんも私たちもびっくりしました。

早く対策取ったのはよかったかも知れないが、みなさんのご参考にできるといいです。

お勧めの食べ物:生姜、にんにく、紫蘇、梅干、わかめ、酢、杏仁、香りの強いハーブ。など。
[PR]
by lin-yang | 2010-06-14 22:43 | 料理
週末、友人のお宅で素敵なディナーしました。
食事の前、優しいミスターは家なかを案内してくれました。
まあ~!全て行き届いてるというか、無駄のものはないうえ、暖かさも充分感じられて、
コムフォートとビューティフールだよ!
同じ主婦として、私の立場はなくなるぅー 

e0055320_893374.jpg

テーブルセッティングはハロウィンの季節に合わせて

料理は持ち寄せ
e0055320_8255389.jpg

・ 手前の生春巻きと豆腐ラザニア。リンヤン作
  大人数のとき、ここではオーブン料理は助かる。
・ 奥のシュークリーム。 のぞみさん作 
  ここではシュークリームは普通の店であまり売ってない。これ、店で作ったのと同じ味!
・ パスタ、クリーム味。ミセス作。
  濃厚でとっても美味しい。教会からもらったアメリカのレシピだそうです。
  帰りにレシピをもらったので、ぜひこれ、覚えたい!
[PR]
by lin-yang | 2009-10-20 08:29 | 料理
e0055320_720266.jpg

「これ、なーんだ?」夫はこの写真を使って、自分のmixiでクイズを出した。

そう、牛タン!
私も初めて丸ごとを手にする。
友達からwal・martに売ってるだと教えられ、買ってきました。
この大きさで、7.5ドル!

私はした処理してるとき、夫は逃げてタンの姿を見ようとしない。
舌のぎざぎざ、いかに「タン」というリアル感、彼にも体感してほしく「触ってみてぇ!」と彼の前に押し出したが、「いやだ!気持ち悪い~」と絶対拒否。
e0055320_7222542.jpg


仕方なく、私は黙々と解体作業:下茹でをし、皮剥く(というより、硬くて、削る)、小分けして冷凍庫へ。
その日の分は薄く切って、タン塩に作った。

焼けたタン塩をテーブルにのせ、私は他のおかずを用意してる間に、夫は先に食べ初めた。
「うっめぇ~!!」 の絶叫。
「熱いうちに美味しい」。私を待たずに先に食べる彼の行為は、いいかなと思って。
だが!まさか彼は私の分まで食べてしまったとは!!
ほかのおかずの用意を済ませたら、お皿をのぞくと、残ったのは硬い部分の二切れだけ!
カ~ン!!
「下処理のとき、あれだけ逃げていたのに~!」 

かなり前の出来事だけど、いま思い出しても、あの憤りは再現しそう・・・
[PR]
by lin-yang | 2009-07-17 07:25 | 料理